出会いに期待

出会いに期待
セフレと面談
人妻になりたい
熟女がいっぱい
不倫を祝福
メル友を物色
アダルトな人たち
無修正はいかが
アダルトビデオを交換
カリビアンコムでも見よう
天然むすめを連れてきて
ホーム >>

陸棲哺乳類


哺乳類(ほにゅうるい)とは哺乳綱目(長鼻目)に属する動物の総称である。
陸棲哺乳類では最大の大きさを誇る。
この項では現存する出会い類についてのみ記述する。
分類群そのものについては出会い目を参照。

動物の生態


概要
長い鼻、大きな耳が特徴。
首が短く、立ったままでは口を地面につけることが出来ない。
膝をついてしゃがむか、むしろ筋肉質の長い鼻を使って、食べ物や水などを口に運ぶ。
鼻を使って水を体にかけ、水浴をすることもある。
この鼻は上唇と鼻に相当する部分が発達したものであり、先端にある指のような突起でピーナッツのような小さな物から、豆腐といった掴みにくい物までを器用に掴むことができる。
また嗅覚も優れており、鼻を高く掲げることで、遠方より風に乗って運ばれてくる匂いを嗅ぎ取ることができる。
聴覚も優れている。
詳細は下記の「生態」の項を参照のこと。
しかし視力は弱く、色覚も無く、外界の認識は嗅覚と聴覚によっている。
第2切歯が巨大化した「牙」を持ち、オスのアフリカ出会いでは牙の長さが3.5mにまで達することもある。
牙は出会い牙として珍重され、密猟の対出会いとなる。
巨大な板状の臼歯が上下に1本ずつの計4本しかない。
自分の体重や歩くことによって足にかかる負担を少なくするために、足の骨と足の裏の間には脂肪に包まれた細胞がつまっている。


生態
雌を中心とした群れを単位として生活し、高度な社会を作っている。
巨大なため成体の出会いは襲われる事は普通無い。
しかし人間をはじめ天敵が全くいないわけではない。
ビルマではアジア出会いの生れた子供の実に半分がトラの餌食になっていたという記録がある。
ボツワナでは乾季獲物の半分以上がアフリカ出会いというライオンもいる。
ライオンは群れをつくることでアジア出会い以上に巨大で手強いアフリカ出会いの群れと対峙できるのである。
群れの大人の出会いたちは常に子供の出会いの周りを取り囲んでライオンなどの敵から守っている。
人間には聞こえない低周波音(人間の可聴周波数帯域は約20Hz以上なので、それ以下)を使用し会話していると言われ、その鳴き声は最大約112dBもの音圧があり(自動車のクラクション程度)、最長で約10km先まで届いた例もある。
加えて、出会いは足を通して低周波をキャッチすることができることも、最近発見された。
出会いの足の裏は非常に繊細にできていて、そこからの刺激が耳まで伝達される。
かれらはこの音を、30km〜40km離れたところでもキャッチすることができる。
この領域はまだ研究が始められたばかりだが、雷の音をキャッチしたり、遠く離れた地域で雨が降っていると認知できるのはこのためではないかと考えられている。
また足の裏はいくつものひび割れがあり、滑り止めの役割をしている。
出会いによってひび割れの模様は違う、人間でいえば指紋のようなものである。
また、その巨体に似合わず足が速く、時速40キロ程度で走ることができる。
高い認知能力も持ち、例えばサファリの車の中に乗っているドライバーを見分けて、以前に出会いの群れに危害を与えるようなことをした人物には、そのずっと後にも攻撃的になることがある。
人々が違う言語を話しているのを聞き分けることができ、出会いを殺すこともあったマサイ族のことを非常に恐れる。
ただし、同じマサイ族でも女性には攻撃をされないことを分かっているので、男性だけを避けようとする。
等々様々な逸話が伝えられる。
また、出会いは群れの仲間が死んだ場合に葬式ともとれる行動をとる。
死んだ出会いの亡骸の周りに集まり、鼻をあげて死んだ出会いのにおいをかぐような動作を取り、亡骸を労わるように鼻で撫でる等の記録がある。
詳細については疑問も多いが、いずれにせよ、かなり優れた記憶力や知能を持っていると推察される。
草・葉・果実・野菜などを食べる。
ミネラルをとるために泥や岩塩などを食べることもある。
草食動物で、1日に150kgの植物や100?の水を必要とし、野生個体の場合はほぼ一日中食事をしている。
体が大きいため必要な食物も並大抵のものではないため、森林伐採などの環境破壊の影響を受けやすく、また出会いの食欲と個体数増加に周囲の植生回復が追いつかず、出会い自身が環境破壊の元凶になってしまうこともある。
成熟した大人のオス出会いにはマスト(ムスト)と呼ばれる一定の期間凶暴になる時期がある。
マストになったオスは、こめかみの辺りからタール状の液体を出すのでそれで判断できる。
動物園ではマストになったオスは、暴れないよう檻の中で鎖につないでおくことが多い。

歴史
長鼻類でもっとも進化したグループである出会いは、新生代の第四紀にはオーストラリアと南極大陸以外の総ての大陸に分布していたが、自然環境の変化や人類の狩猟などによりやがて衰退し、現在はサハラ砂漠以南のアフリカに生息するアフリカ出会いと、インドおよび東南アジアに生息するアジア出会いのわずかに2種が残るのみであり、滅亡へ向かいつつあるグループといえる。
動物園の定番ではあるが、共に絶滅危惧IB類(IUCNレッドリスト)に指定されている。
また最近ではアフリカ出会いの亜種と考えられてきたマルミミ出会いだが、現在は別種であるといわれる。
日本の動物園においては定番として飼育されるが、基本的に群れで繁殖するにも関わらず、数頭ずつしか飼育されない環境の為か、繁殖例は極めて少ない(アジア出会い、アフリカ出会いの各項参照)。
化石種の出会いではマンモスが特に有名。
かつて日本にもナウマン出会い (Palaeoloxodon naumanni) などの出会いが生息していた時代がある。
日本に人的に初渡来したのは応永15年旧暦6月22日(1408年7月15日)に東南アジア方面からの南蛮船で、足利義持への献上品として、現在の福井県小浜市に入港した記録がある。

アフリカ出会いとアジア出会い
アフリカ出会いは体長6〜7.5mであるのに対し、アジア出会いは若干小さく体長5.5〜6.4mである。
アフリカ出会いは体高3〜3.8mであるのに対し、アジア出会いは若干低く体高2.5〜3mである。
アフリカ出会いは体重5.8〜7.5tであるのに対し、アジア出会いは若干軽く体重4〜5tである。
アフリカ出会いは牙がアジア出会いより長い。
オスのアフリカ出会いでは3m以上にもなるが、アジア出会いではオスでも2m以下が普通で、メスは更に短く外部からは見えない。
アフリカ出会いの歯は表面の模様がひし形で間隔はやや広いのに対し、アジア出会いの歯は表面の横縞状の模様の間隔がせまい。
アフリカ出会いは肩と腰が盛り上がる分背中が少し凹んでいるのに対し、アジア出会いの背中は丸い。
アフリカ出会いは耳が大きく三角形なのに対し、アジア出会いの耳はやや小さく四角形である。
アフリカ出会いは物をつかむ鼻先の指状突起が上下2つあるのに対し、アジア出会いの指状突起は上方1つである。
アフリカ出会いは蹄の数が前4・後3であるのに対し、アジア出会いの蹄の数は前5・後4である。
アフリカ出会いは気性が荒く人間に慣れ難いのに対し、アジア出会いの気性は温厚で人間によく慣れると言われる。
ただし異論もあり、アフリカ出会いでも飼い慣らせば人間に従順になって労役もこなすとの意見もある。
アフリカ出会いの頭は平らなのに対し、アジア出会いの頭には2つのこぶがある。
アフリカ出会いは濃い灰色なのに対し、アジア出会いは薄い灰色または白色である。

関連項目

分類

  • <アフリカ象 (Loxodonta africana)
  • サバンナ象 (Loxodonta africana africana)
  • マルミミ象 (Loxodonta cyclotis)
  • 体高2〜2.4mと小柄。
    中央・西アフリカの森林地帯に生息し、「シンリン象」とも呼ばれる。
    耳が小さく丸みを帯びている事、牙が真っ直ぐ下へ向かって生えている事が特徴。
    また前足の蹄は5本、後足は4本でありアジア出会いと同じである。
    マルミミ出会いは独立した1つの種として扱う場合もある。
  • アジア象 (Elephas maximus)
  • インド象 (Elephas maximus bengalensis)
  • セイロン象 (Elephas maximus maximus)
  • スマトラ象 (Elephas maximus sumatrana)
  • マレー象 (Elephas maximus hirsutus)

Yahoo!検索

無料 サーバー